整骨院が運営する膝サポーターのセレクトショップ

膝サポーターの通販

電話注文
承っております

026-248-1989
(平日の9時~15時)

内側側副靭帯《固定用》膝サポーター

ニーケアー・MCL

内側側副靭帯を補強する膝サポーターです。両サイドに金属製のヒンジを備えており、膝の左右への動揺を防ぎます。膝の前後に装備された補助ベルトで膝全体を補強、動揺を抑えます。 内側側副靭帯損傷の急性期にお使い下さい。

web価格 ¥15,000(税別)

固定用内側側副靭帯損傷で起こる、動揺性のある膝を保護します。

サイズ

右膝・左膝選択

(※右用・左用にご注意下さい)

数量

  • ※注文時にもう一度サイズをお確かめください。
  • ※ご注文が集中してお品切れになる場合もございます。その場合は、改めて商品の入荷予定日をご連絡させていただきます。

サイズの選び方

製品によりサイズの測り方が異なる場合がありますので、必ずお確かめください。
サイズは立位で、大腿周囲(膝蓋骨中心の上10cmの周径)を基本にして測り、膝周囲(膝蓋骨中心の周径)は目安としてください。
※2つのサイズにまたがる場合は、小さいサイズをお選びください。
※右用と左用がありますので注文の際はご注意ください。
※予告なくデザインが変更になる場合があります。
※詳しくは この製品のサイズの測り方 をクリックしてください。

サイズ 大腿周囲 膝周囲
S 34cm~37cm 31cm~35cm
M 37cm~41cm 32cm~36cm
L 41cm~45cm 33cm~38cm
LL 45cm~49cm 35cm~40cm
3L 49cm~54cm 38cm~41cm

お客様レビュー

M・I

満足です

2018年9月22日

サイズ:L

病院さんで出されたコルセットは下にずれて使用感が悪く、良い物を探して出会いました。怪我から2ケ月良好に回復できた事感謝しています。

整形外科の先生は、お薬や手術に大変なので膝サポーターまで手が回らないようです。症状にあった膝サポーターを選択できれば、お薬のような副作用もなく、杖をつく必要もなく、靭帯損傷を治すことができます。感謝していただきうれしいです!

院長

もっと見る▼

A・T

MCL

2018年1月25日

サイズ:L

ずっと長らく使っていたサポーターは動くとずれて、擦れることが多かったのですがこれを買ってからはそのようなことがなく、ストレスなく使えています。

ありがとうございます。膝のお皿を挟んで上下上下でベースサポータをつけるとフィットすると思います。靭帯を補強するベルトは、あまり強く引っ張らなくても十分な効果があります。靭帯補強ベルトを強く引っ張ると擦れやすくなるのでご注意ください。

院長

CLOSE

膝サポーターを使い分けることで内側側副靭帯損傷の治療をしています。

急性期や不安が強いときは《固定用》を使います。
軟骨を痛めないように予防用を使います。安静を保てるときは保護用を使います。

内側側副靭帯負傷直後の急性期では、固定力の強い《固定用》を使い、しっかりと膝全体を固定することで症状の悪化を防ぎます。反対側の膝にも予防用を装着することで左右のバランスと取り、痛めた膝をかばって反対側の膝を痛めることを防ぎます。

サポーターの補強ベルトを真似て、膝の症状に応じてテーピングを行い、その上に膝サポーターを着用することで膝の固定力をより強くすることができます。

柔道整復師・鍼灸師 吉池 加奈

鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

組み合わせると効果的な膝サポーター
※ 商品名クリックで商品ページに飛びます

症状・疾患についての詳細はこちら

GOOD
CHOICE
for

この症状におすすめ

○膝の腫れ(負傷直後) ○膝内側の痛み(負傷直後)
○歩行時の膝の痛み(負傷直後) ○寝返り時の膝の痛み(負傷直後)
○膝の内出血(負傷直後) ○膝が内に入る不安定感
○歩行時の膝の不安定 ○膝の引っかかり
○膝のロッキング ○膝の引っかかり
○軟骨の保護 ○階段の登り下りの痛み
○自動車の乗り降りの痛み

↓詳しくは「森上鍼灸整骨院」のサイトへ
●内側側副靭帯損傷 (固定) ●内側側副靭帯損傷の後遺症
●手術後の再断裂防止 ●内側靭帯損傷に伴う剥離骨折
●内側半月板損傷 ●前十字靭帯損傷

購入前の膝サポーター無料相談>>>

当店を運営する森上鍼灸整骨院の柔道整復師が、あなたの症状にピッタリの膝サポーターをご提案します。

  • 膝の前側の痛み
  • 膝の前側の痛み(内側側副靭帯,内側半月板)
  • 膝の横の痛み(内側側副靭帯損傷をかばった膝の痛み)
  • 膝の後ろの痛み(内側側副靭帯損傷をかばった膝の痛み)

上記のような、片側もしくは両側の痛みの場所に最適です。
痛み 軽い痛み張り

補強テープと膝サポーターの使用例

膝サポーターでバランスを整える。

動画の患者様は、 梯子から落ちて膝関節の脱臼骨折をした患者様です。前十字靭帯と後十字靭帯を断裂しました。二回の手術後のようすです。補強テープと膝サポーターの併用で、歩行ができるようになります。その後、 急速に膝が回復して2週間後にお仕事に復帰しました。 使用した膝サポーターは、 エクスエイドニーPCL です。

補強テープ

膝サポーターの下に補強テープを貼ることで、内側側副靭帯損傷を早く治すことができます。補強テープは伸縮性が有り、糊が弱いテープを使うのがコツです。

補強テープはこちら>>>

内側側副靭帯損傷《固定用》膝サポーター
ニーケアー・MCLをもっと詳しく!

大腿部外側、膝部内側、下腿外側の3点を支持し、膝関節の内側への動揺を抑える膝サポーターとなっています。アルミステーが側面に装備されており、膝関節の側方への動揺と過伸展を抑えます。強度差で健康な膝を痛めてしまうこともあるため、健側には予防用の膝サポーターをつけることをおすすめいたします。

ニーケアー・MCLと同じ効能の膝サポーター

RELATION
関連サイト