整骨院が運営する膝サポーターのセレクトショップ

膝サポーターの通販

電話注文
承っております

026-248-1989
(平日の9時~15時)

医療用 |内側側副靭帯損傷の膝サポーター

エクスエイドニーMCL&LCL

内側側副靭帯の医療用サポーターです。補助ベルトの構造により患側に逆膝用を付けると、外側側副靭帯損傷用として使えます。しっかり固定できますが、膝にフィットしやすいので動きやすいです。使い方を応用して、半月板損傷にも使えます。

web価格 ¥15,000(税別)

サイズ

左膝・右膝選択

(※右用・左用にご注意下さい)

数量

  • ※注文時にもう一度サイズをお確かめください。
  • ※ご注文が集中してお品切れになる場合もございます。その場合は、改めて商品の入荷予定日をご連絡させていただきます。

サイズの選び方

製品によりサイズの測り方が異なる場合がありますので、必ずお確かめください。
サイズ選定は、立位で大腿周囲(膝蓋骨中心の上10cmの周径)を測ってください。
※2つのサイズにまたがる場合は、大きいサイズをお選びください。
※右用と左用がありますので注文の際はご注意ください。
※右膝の内側靭帯(MCL)損傷には「右用」を、右膝の外側靭帯(LCL)損傷には「左用」をお使いください。
※右膝の変形性膝関節症・内側半月板損傷の場合は「左用」を、左膝の変形性膝関節症・内側半月板損傷の場合は「右用」をお使いください。
※詳しくは この製品のサイズの測り方 をクリックしてください。

サイズ 大腿周囲
S 34cm~39cm
M 39cm~44cm
L 44cm~50cm
LL 50cm~56cm

お客様レビュー

千葉県 K.S.様
千葉県 K.S.様

右足の内側半月板を負傷

2019年7月10日

サイズ:左M

趣味のテニスにも使えるサポーターを探していました。週3回くらいの頻度で。メール相談で右の足に、左用をつけるように紹介された時は驚きましたが、使ってみて納得です。動いても内側が全然痛くありません。今までなかなか良いサポーターに巡り合えませんでしたが、ようやく合うものが見つかりました。無理はせず60歳になっても続けられますように頑張ります。

このサポーターは元々は側副靭帯用なのですが、内側半月板の場合、逆膝用のサポーターを患側に装着することで、内側にかかる荷重を軽減させることができます。※外側半月板なら右なら右用、左なら左用を使います。アルミステーで左右のブレを防げるので、横のステップが多いテニスにおすすめです。お大事にどうぞ。

院長

森上鍼灸整骨 院長 吉池

もっと見る▼

北海道 T.H.様
北海道 T.H.様

歩けました

2019年8月16日

サイズ:左L

先日膝の内側靭帯を損傷してしまい、松葉杖と弾性包帯で固定した日々を送っていました。トイレに行くにも困難で、藁をもすがる思いで購入。無理を承知で早めに送って下さいとお願いした所、迅速に対応して頂きありがとうございました。早速装着した所、歩けました。本当にありがとうございました。助かりました。

上下幅が長く、作りもしっかりとしているので膝がとても安定した動きになります。痛みが良くなるまで、動くときは必ずお使いください。また、患側だけでなく健側にもサポーターを付けるとバランスが整いやすくなるので、再負傷の防止におすすめです。健側に付けるサポーターをご検討でしたら、またご連絡ください。

院長

森上鍼灸整骨 院長 吉池
CLOSE

医療用膝サポーターは両膝に使います。

外傷性疾患 では、左右で強度の違う膝サポーターを使います。
慢性疾患 では、左右で同じ膝サポーターを使います。
安静を保てるとき は、自然治癒力を上げる膝サポーターを使います。
●睡眠前に オンセンス を使って半身浴をします。
●睡眠時には テイジェル を使います。

外傷性疾患・・・ 前十字靭帯損傷、後十字靭帯損傷、半月板損傷
慢性疾患・・・ 変形性膝関節症、膝の水、ベーカー嚢腫、ジャンパー膝

オンセンス を使って湯船の中で膝を曲げ伸ばししたり、正座をしたりすることで膝の回復を助けることができます。痛み止めを使って無理をするのはやめましょう。痛みは警告反応なので、かえって症状を悪化させてしまいます。

鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

鍼灸師・柔道整復師 吉池加奈

使い分けると効果的なサポーター
※商品名クリックで商品ページに飛びます

自然治癒力を上げる膝サポーター
併用すると効果的なリハビリ材料とぬり薬

GOOD
CHOICE
for

この症状・疾患におすすめ

  • ★★★ 膝のひっかかり
  • ★★★ ねじったときの膝の痛み
  • ★★★ 走ったときの膝の痛み
  • ★★★ 歩いたときの膝の痛み
  • ★★★ 階段を上るときの膝の痛み
  • ★★★ 階段を下りたときの膝の痛み
  • ★★★ 歩き始めの膝の痛み
  • ★★★ 膝裏の痛み
  • ★★★ 膝の水
  • ★★★ 膝の手術後の痛み
  • ★★★ 膝崩れ
  • ★★★ 膝折れ
  • ★★☆ 夜間の膝の痛み
  • ★★☆ 膝のむくみ

↓詳しくは「森上鍼灸整骨院」のサイトへ

購入前の膝サポーター無料相談>>>

当店を運営する森上鍼灸整骨院の柔道整復師が、あなたの症状にピッタリの膝サポーターをご提案します。

内側側副靭帯損傷の補強テープの貼り方

補強テープ

内側側副靭帯損傷のサポーターの下に補強テープを貼ると、安定性が各段にあがります。 補強テープは、MCLの前補助ベルトと同じように貼ります。強度は枚数で調整します。ドンジョイに比べて、膝の自然な動きを保ちながら安定性が増します。

補強テープはこちら>>>

補強テープと膝サポーターの使用例

膝サポーターでバランスを整える。

動画の患者様は、 梯子から落ちて膝関節の脱臼骨折をした患者様です。前十字靭帯と後十字靭帯を断裂しました。二回の手術後のようすです。補強テープと膝サポーターの併用で、歩行ができるようになります。その後、 急速に膝が回復して2週間後にお仕事に復帰しました。 使用した膝サポーターは、 エクスエイドニーPCL です。

  • 膝の前側の痛み
  • 膝の前側の痛み(内側側副靭帯損傷,内側半月板損傷)
  • 膝の外側の痛み(内側側副靭帯損傷をかばった痛み)
  • 膝の裏側の痛み(内側側副靭帯損傷,内側半月板損傷)

上記のような、片側もしくは両側の痛みの場所に最適です。
痛み 軽い痛み張り

こんな方におすすめ

内側・外側側副靭帯損傷の専用サポーターです。両サイドのアルミステーで膝のブレを防ぎ、動きやすくできているのでスポーツにも使えます。

使い方を応用し患側に逆膝用を使うと、補助ベルトの構造で内側にかかる負担を軽減させることができます。膝の内側が痛む変形性膝関節症や、内側半月板損傷に効果的です。

他社製品との比較

エクスエイドニーMCL&LCL
柔らかい素材を使い、動きやすくできています。
補強ベルトはサポーターと同一素材で、フィット感が良くできています。
負傷や手術日から時間が経過した状態での再発、再断裂防止におすすめです。

エクスエイドニーMCL&LCL ニーケアー・MCL
エクスエイドニーMCL&LCL(正面) ニーケアー・MCL(正面)
エクスエイドニーMCL&LCL(側面) ニーケアー・MCL(側面)
エクスエイドニーMCL&LCL(背面) ニーケアー・MCL(背面)

エクスエイドニーMCL&LCLと同じ効能の膝サポーター

RELATION
関連サイト