整骨院が運営する膝サポーターのセレクトショップ

膝サポーターの通販

電話注文
承っております

026-248-1989
(平日の9時~15時)

内側半月板損傷《再発防止用》膝サポーター

ニーケアー・クロスベルト

国内の二大医療メーカーの一社が作った、内側半月板の膝サポーターです。左右を固定するアルミステーに加え、大腿部前側を適度に圧迫するベルトも付いているのでしっかりと膝を補強できます。半月板損傷にも対応可能です。フルフロントオープンタイプなので、テーピングとの併用が簡単です。

web価格 ¥8,000(税別)

再発防止用半月板の再断裂を防いで、回復を助けます。

サイズ

数量

  • ※注文時にもう一度サイズをお確かめください。
  • ※ご注文が集中してお品切れになる場合もございます。その場合は、改めて商品の入荷予定日をご連絡させていただきます。

サイズの選び方

製品によりサイズの測り方が異なる場合がありますので、必ずお確かめください。
サイズは立位で、大腿周囲(膝蓋骨中心の上10cmの周径)を基本にして測り、膝周囲(膝蓋骨中心の周径)は目安としてください。
※2つのサイズにまたがる場合は、小さいサイズをお選びください。
※予告なくデザインが変更になる場合があります。
※詳しくは この製品のサイズの測り方 をクリックしてください。

サイズ 大腿周囲 膝周囲
SS 32cm~35cm 29cm~33cm
S 35cm~38cm 31cm~35cm
M 38cm~42cm 32cm~37cm
L 42cm~46cm 34cm~39cm
LL 46cm~50cm 35cm~41cm

お客様レビュー

R・N

ベルトがいい!

2018年4月18日

サイズ:M

靭帯を損傷してしまったのでちゃんとした固定力のあるサポーターを探していました。
自分の想像していた物より素材から頑丈で、がっちりしてたのでほっとしました。
装着感も良く最後に付けるベルトで圧迫が調節できて、なお良かったです。

本格的な医療用スポーツ膝サポーターを低価格で実現したモデルです。膝のスタビライザーの役目をする膝蓋骨周りをしっかり補強します。膝のグラつきをなくして膝の回復力を高めます。使用でわからないことがあったら、ご相談ください。

院長

もっと見る▼

Y・Y

長めのサポーター

2018年5月29日

サイズ:LL

長さがあるサポーターだから安定しました。色々なサポーターを使ってきましたが一番自分に合っていると思います。

気に入っていただいたようでよかったです。少し膝をまげた状態で装着するとフィット感が良くなると思います。

院長

CLOSE

膝サポーターを使い分けることで内側半月板損傷の治療をしています。

症状が落ち着いてきたら《再発防止用》を使います。
軟骨を痛めないように予防用を使います。安静を保てるときは保護用を使います。

症状が落ち着いてきたら、固定用《再発防止用》に変えて、再度膝を痛めてしまわないようにします。反対側の膝には予防用膝サポーターを使い、両膝のバランスを整えるようにします。

締め付けが不足していると感じた場合は、テーピングをして、その上に膝サポーターを使うことでしっかりと固定することができます。

柔道整復師・鍼灸師 吉池 加奈

鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

組み合わせると効果的な膝サポーター
※ 商品名クリックで商品ページに飛びます

症状・疾患についての詳細はこちら

GOOD
CHOICE
for

この症状におすすめ

  • 膝の痛み
  • ダッシュ後の膝の痛み
  • 屈伸時の膝の痛み
  • 正座時の膝の痛み
  • 階段の上り下りの膝の痛み
  • ジャンプ時の膝の痛み
  • ボールを蹴る時の膝の痛み
  • バレーボールの膝の痛み
  • バスケットボールの膝の痛み
  • バドミントンの膝の痛み
  • テニスの膝の痛み
  • サッカーの膝の痛み

↓詳しくは「森上鍼灸整骨院」のサイトへ

購入前の膝サポーター無料相談>>>

当店を運営する森上鍼灸整骨院の柔道整復師が、あなたの症状にピッタリの膝サポーターをご提案します。

  • 膝の前側
  • 膝の痛み(内側半月板、膝蓋靭帯、膝蓋骨軟化症)
  • 膝の痛み(膝蓋靭帯、膝蓋骨軟化症)
  • 膝の痛み(後十字靭帯損傷)

上記のような、片側もしくは両側の痛みの場所に最適です。
痛み 軽い痛み張り

補強テープと膝サポーターの使用例

膝サポーターでバランスを整える。

動画の患者様は、 梯子から落ちて膝関節の脱臼骨折をした患者様です。前十字靭帯と後十字靭帯を断裂しました。二回の手術後のようすです。補強テープと膝サポーターの併用で、歩行ができるようになります。その後、 急速に膝が回復して2週間後にお仕事に復帰しました。 使用した膝サポーターは、 エクスエイドニーPCL です。

補強テープ

膝サポーターの下に補強テープを貼ることで、内側半月板損傷を早く治すことができます。補強テープは伸縮性が有り、糊が弱いテープを使うのがコツです。

補強テープはこちら>>>

内側半月板損傷《再発防止用》膝サポーター
ニーケアー・クロスベルトをもっと詳しく!

左右に内蔵されたアルミステーで、半月板損傷による膝の左右へのグラつきを補強します。 回復期に装着することがおすすめな膝サポーターです。

ニーケアー・クロスベルトと同じ効能の膝サポーター

RELATION
関連サイト