整骨院が運営する膝サポーターのセレクトショップ

膝サポーターの通販

電話注文
承っております

026-248-1989
(平日の9時~15時)

医療用 |膝サポーター

ニークロス

膝下から引き上げて固定し、膝の揺れを防ぎます。膝回りのぐらつきをしっかり抑えるので、医療用としてもスポーツ用でもお使いいただけます。脱臼やタナ障害などの膝周囲の疾患におすすめです。

web価格 ¥6,900(税別)

サイズ

数量

  • ※注文時にもう一度サイズをお確かめください。
  • ※ご注文が集中してお品切れになる場合もございます。その場合は、改めて商品の入荷予定日をご連絡させていただきます。

サイズの選び方

製品によりサイズの測り方が異なる場合がありますので、必ずお確かめください。
サイズは立位で、ひざ回り(膝蓋骨中心の周径)を測ってください。
※予告なくデザインが変更になる場合があります。
※詳しくは この製品のサイズの測り方 をクリックしてください。

サイズ 適用範囲
S 30~33cm
M 33~36cm
L 36~39cm
LL 39~42cm

お客様レビュー

茨城県 K.M.様
茨城県 K.M.様

サイズが小さく感じました

2020年11月10日

サイズ:M

膝回り33cmでMサイズを買いましたが、履いた時ちょっときついかなと感じました。生地がしっかりしているからでしょうか。汗をかいてサポーターを脱ぐ時も引っ掛かりを感じます。でもバレーボールのプレーでは、痛みを気にすることなく集中できました!

元全日本バレーボールチーム、丸山由美さん監修のサポーターです。少々張りがある感じの材質なので、脹脛を通すまでしっかり上へ引っ張らないと付けられない場合があります。ただ、下から履いて、上を巻くサポーターなので膝回りはとても安定すると思います。バレーボールをする方には非常におすすめです。

院長

森上鍼灸整骨 院長 吉池

もっと見る▼

青森県 W.M.様
青森県 W.M.様

日中の仕事時に

2019年5月13日

サイズ:L

動きすぎてしまうと翌日膝が痛くなることがしばしばあるので、このサポーターで予防になればいいなと思っております。使用して2日目ですが、装着感が良くて膝が守られているように感じます。

動くと膝のお皿にはどうしても負担はかかりますので、お皿の動きを補強することが大切です。付属の補助ベルトを太ももに付けると動きが安定しやすくなるので、お試しください。

院長

森上鍼灸整骨 院長 吉池
CLOSE

医療用膝サポーターは両膝に使います。

外傷性疾患 では、左右で強度の違う膝サポーターを使います。
慢性疾患 では、左右で同じ膝サポーターを使います。
安静を保てるとき は、自然治癒力を上げる膝サポーターを使います。
●睡眠前に オンセンス を使って半身浴をします。
●睡眠時には テイジェル を使います。

外傷性疾患・・・ 前十字靭帯損傷、後十字靭帯損傷、半月板損傷
慢性疾患・・・ 変形性膝関節症、膝の水、ベーカー嚢腫、ジャンパー膝

オンセンス を使って湯船の中で膝を曲げ伸ばししたり、正座をしたりすることで膝の回復を助けることができます。痛み止めを使って無理をするのはやめましょう。痛みは警告反応なので、かえって症状を悪化させてしまいます。

鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

鍼灸師・柔道整復師 吉池加奈

使い分けると効果的なサポーター
※商品名クリックで商品ページに飛びます

自然治癒力を上げる膝サポーター
併用すると効果的なリハビリ材料とぬり薬

GOOD
CHOICE
for

この症状・疾患におすすめ

  • ★★★ 歩いたときの膝の痛み
  • ★★★ 走ったときの膝の痛み
  • ★★☆ 階段を上るときの膝の痛み
  • ★★☆ 階段を下りたときの膝の痛み
  • ★★☆ ねじったときの膝の痛み
  • ★★☆ 歩き始めの膝の痛み
  • ★★☆ 膝のひっかかり
  • ★★☆ 膝裏の痛み
  • ★★☆ 膝の水
  • ★★☆ 膝のむくみ
  • ★★☆ 膝崩れ
  • ★★☆ 膝折れ
  • ★☆☆ 夜間の膝の痛み
  • ★☆☆ 膝の手術後の痛み

↓詳しくは「森上鍼灸整骨院」のサイトへ

購入前の膝サポーター無料相談>>>

当店を運営する森上鍼灸整骨院の柔道整復師が、あなたの症状にピッタリの膝サポーターをご提案します。

おすすめの使い方

補強テープ

膝サポーターの下に補強テープを貼ることで、より安定感を出すことができます。補強テープは伸縮性が有り、糊が弱いテープを使うのがコツです。

補強テープはこちら>>>

  • 膝の前側
  • 膝の前側の痛み(膝蓋大腿関節症,ジャンプ膝,膝蓋靭帯炎)
  • 膝の横の痛み(ジャンプ膝,オスグッドシュラッター病)
  • 膝の後ろの痛み(後十字靭帯損傷)

上記のような、片側もしくは両側の痛みの場所に最適です。
痛み 軽い痛み張り

こんな方にお勧め

膝下を持ち上げるようにして補助ベルトが留められるので、歩行時の膝の痛みやぐらつき防止におすすめです。太ももを補強する取り外し可能なベルト付きで、より膝を安定させます。

膝下と膝上が補強されるので、お皿周囲が痛む膝蓋大腿関節症や脱臼、膝にひっかかりを感じるタナ障害などの症状におすすめです。

ニークロスと同じ効能の膝サポーター

RELATION
関連サイト