整骨院が運営する膝サポーターのセレクトショップ

膝サポーターの通販

電話注文
承っております

026-248-1989
(平日の9時~15時)

内側半月板損傷《固定用》膝サポーター

エクスエイドニーACL

内側半月板損傷によって不安定になる膝を前後左右からサポートする膝サポーターです。左右のアルミステーで内側半月板損傷の内側への不安定を改善します。 術前、膝の左右に動揺がある急性期におすすめです。

web価格 ¥15,000(税別)

固定用内側半月板損傷で起こる、動揺性のある膝を保護します。

サイズ

数量

  • ※注文時にもう一度サイズをお確かめください。
  • ※ご注文が集中してお品切れになる場合もございます。その場合は、改めて商品の入荷予定日をご連絡させていただきます。

サイズの選び方

製品によりサイズの測り方が異なる場合がありますので、必ずお確かめください。
サイズ選定は、立位で大腿周囲(膝蓋骨中心の上10cmの周径)を測ってください。
※2つのサイズにまたがる場合は、大きいサイズをお選びください。
※予告なくデザインが変更になる場合があります。
※詳しくは この製品のサイズの測り方 をクリックしてください。

サイズ 大腿周辺
S 34cm~39cm
M 39cm~44cm
L 44cm~50cm
LL 50cm~56cm

お客様レビュー

M・K

膝前十字靭帯断裂のため購入

2018年9月1日

サイズ:M

十字靱帯を切ってしまったため今までやっていたスポーツを引退…と思ったのですが、少しレベルを下げて再挑戦をするために購入しました。市販品よりテーピングとの併用が楽にできます。私の場合テーピングも必須です。安定感が強いため調子に乗ってプレーしたら膝をひねってしまったため-★。もっと厳重にテーピングすれば良かった…

補強テープを貼ると前十字靭帯を強化できるのでお試しください。膝を伸ばした状態で伸縮性のあるテープを3割程度伸ばして貼ります。強度はテープを重ねることで調整します。

院長

もっと見る▼

お客様レビュー

F・T

前十字靭帯断裂補助サポーター

2018年10月7日

サイズ:S

前十字靭帯断裂の子供が使用していますが、安定が良くサポートも満足出来るサポーターです。

お役に立てて良かったです。お子様の成長に合わせてサイズの変更をしてください。膝の軟骨をしっかり守れます。

院長

M・I

装着しやすい

2018年8月16日

サイズ:LL

テーピングした上にこのサポーター付けることができ、とても装着しやすいです。前十字靭帯断裂してから膝崩れを起こし、走ることでさえ不安に感じ、好きなサッカーのボールを蹴ることもできない状態であったが、サポーターとテーピングの併用により、膝崩れの不安がかなり解消された(全くゼロではないが…)。今では、サッカーもレクレーションスポーツ程度ならできるようになった。一点気になるのは、自分の付け方が悪いのかもしれないが、汗をかくとサポーターが下がってくるために、その都度汗を拭いてサポーターを使用している。

補強テープを貼る時に、目の粗いテープを貼るとサポーターがずれなくなります。膝を少し曲げた状態で膝蓋骨の回りからベースサポーターをつけると安定性が増すのでお試しください。

院長

A・M

前十字靭帯損傷後のスポーツ

2018年6月23日

サイズ:S

前十字靭帯損傷後の固定の他、スポーツ復活用に病院で購入したものと同様のサポーターが見つかり購入しました。安定感は病院購入品と同等で大満足です、海で使いますので洗濯にも強く、金具を外して洗濯機で洗えるのが良いです。普段使いの方にも夏場は嬉しいと思います。色々探した中で金具(ステー)構造が最もシンプルで、思っていた通り錆に強いです。海で使うので、長く使うと最初に金具がダメになると思いますが、価格と満足度を考えると良い買物と思います。交換部品として金具だけ買えると星6個です!

ステーはメーカーと交渉しているのですが、ステーだけの販売はしないとのことです。ご迷惑おかけします。また、何か要望があったらお申し付けください。

院長

T・I

バレーボールで使用

2018年9月15日

サイズ:M

今回2度目の購入です。こちらのサポータとテーピング(併用)を使い始めてからまだ一度も膝崩れがおきていません。私は装着もそんなに大変だとは、思いません。。。大満足です。

ありがとうございます。前十字靭帯損傷用のサポーターと補強テープを貼るだけで膝をしっかり守れます。お役に立ててうれしいです。

院長

CLOSE

膝サポーターを使い分けることで内側半月板損傷の治療をしています。

急性期や不安が強いときは《固定用》を使います。
軟骨を痛めないように予防用を使います。安静を保てるときは保護用を使います。

半月板損傷直後の急性期では、固定力の強い《固定用》を使い、しっかりと膝全体を固定することで症状の悪化を防ぎます。反対側の膝にも予防用を装着することで左右のバランスと取り、痛めた膝をかばって反対側の膝を痛めることを防ぎます。

サポーターの補強ベルトを真似て、膝の症状に応じてテーピングを行い、その上に膝サポーターを着用することで膝の固定力をより強くすることができます。

柔道整復師・鍼灸師 吉池 加奈

鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

組み合わせると効果的な膝サポーター
※ 商品名クリックで商品ページに飛びます

症状・疾患についての詳細はこちら

GOOD
CHOICE
for

この症状におすすめ

  • 膝の血腫(負傷直後)
  • 膝の腫れ(負傷直後)
  • 膝の不安定感
  • 膝内側の痛み
  • 膝崩れ
  • 軟骨の保護
  • 歩行時の痛み
  • 階段の登り下りの痛み
  • 椅子から立ち上がる時の痛み
  • しゃがむ時の膝の痛み
  • ジャンプ時の痛み
  • ピボットターン時の痛み
  • サイドステップ時の痛み
  • 座る時の膝の痛み
  • 走れない膝の痛み
  • 手術後の膝の痛み
  • 膝の再断裂防止
  • 膝の再負傷防止
  • バスケットボールでの膝の痛み
  • バレーボールでの膝の痛み
  • テニスでの膝の痛み
  • バドミントンでの膝の痛み
  • ランニングでの膝の痛み
  • スキーでの膝の痛み
  • スノーボードでの膝の痛み

↓詳しくは「森上鍼灸整骨院」のサイトへ

購入前の膝サポーター無料相談>>>

当店を運営する森上鍼灸整骨院の柔道整復師が、あなたの症状にピッタリの膝サポーターをご提案します。

  • 膝の前側の痛み
  • 前十字靭帯損傷 膝の前側の痛み
  • 前十字靭帯損傷 膝の横側の痛み
  • 前十字靭帯損傷 膝の後ろ側の痛み

上記のような、片側もしくは両側の痛みの場所に最適です。
痛み 軽い痛み張り

補強テープと膝サポーターの使用例

膝サポーターでバランスを整える。

動画の患者様は、 梯子から落ちて膝関節の脱臼骨折をした患者様です。前十字靭帯と後十字靭帯を断裂しました。二回の手術後のようすです。補強テープと膝サポーターの併用で、歩行ができるようになります。その後、 急速に膝が回復して2週間後にお仕事に復帰しました。 使用した膝サポーターは、 エクスエイドニーPCL です。

補強テープ

膝サポーターの下に補強テープを貼ることで、内側半月板損傷からの膝崩れを防ぐことができます。補強テープは伸縮性が有り、糊が弱いテープを使うのがコツです。

補強テープはこちら>>>

内側半月板損傷《固定用》膝サポーター
エクスエイドニーACLをもっと詳しく!

両サイドにもアルミステーが入っており、前後に加え、左右の安定性が向上するため、半月板損傷時の左右へのブレを防ぎます。固定強度は中程度で、前に動揺性のある膝関節をしっかり固定しつつも比較的動きやすい膝サポーターです。

他社製品との比較

エクスエイドニーACL
柔らかい素材を使い、上下幅を短くしているので動きやすくできています。補強ベルトはサポーターと同一素材で、フィット感が良くできています。負傷や手術日から時間が経過した状態での再発、再断裂防止におすすめです。

エクスエイドニーACL ニーケアー・ACL
エクスエイドニーACL(正面) ニーケアー・ACL(正面)
エクスエイドニーACL(側面) ニーケアー・ACL(側面)
エクスエイドニーACL(背面) ニーケアー・ACL(背面)

エクスエイドニーACLと同じ効能の膝サポーター

RELATION
関連サイト