整骨院が運営する膝サポーターのセレクトショップ

膝サポーターの通販

電話注文
承っております

026-248-1989
(平日の9時~15時)

前十字靭帯(ACL)損傷の膝サポーター

前十字靭帯の膝サポーター
KneeSupporterforAnteriorcruciateligamentinjury

フットサルを楽しんでいます!
神奈川県 K.T.様

2年前、フットサルの試合中に前十字靭帯を断裂しました。手術はしたのですが、練習中に膝くずれが起こり、ずれた時の感覚は今でも忘れられないです。膝サポーターの相談をしたら 使い分けが効果的 なことを知り、前十字靭帯の膝サポーターの試着を兼ねて長野までスノボをやりにきました。

サーモグラフィーでみてもらったら、股の関節がよく動いていないようで、結果、膝に負担がかかったようです。今は、股関節を柔らかくしながら膝サポーターを使ってフットサルを楽しんでいます。

私達は膝サポーターを使い分けることで前十字靭帯損傷を治療しています。

市販の膝サポーターを機能別に 固定用 再発防止用 予防用 保護用 に分類して使い分けることで前十字靭帯損傷の症状を治すことができます。

固定用 /前十字靭帯の安静を保って回復を助けます。
再発防止用 /前十字靭帯の再負傷を防いで膝の動きを取り戻します。
予防用 /健側膝の負傷を防ぎます。
保護用 /膝の自然治癒力を高めます。

負傷時や不安が強い時は 固定用を使います。症状が落ち着いてきたら再発防止用を使います。強度不足を感じたらサポーターの下に補強テープを貼ります。

健側の膝に予防用のサポーターを使って左右の重心バランスを整えると、前十字靭帯に負担のかからない動きが自然に身につきます。安静を保てる時は保護用を両膝に使うと前十字靭帯損傷の回復を早めることができます。

院長 吉池 弘明

院長 吉池 弘明

補強テープの貼り方

膝関節脱臼(ACL、PCL断裂)の再建手術後の不安定改善例

膝サポーターを使った治療 詳細 はこちら

使い分けができない方におすすめの膝サポーター

固定用
正常な膝の動きの軌道内に膝の動きを固定するサポーターです。前十字靭帯の断裂や剥離骨折を起こした膝の動きを安定させ膝崩れを防ぎます。負傷直後や前十字靭帯損傷で手術をされない方におすすめです。
※急性期には両手にクラッチ杖を使うのがおすすめです。かばった姿勢が身につくのを防いで回復が早まります。

再発防止用
膝の動きの軌道を整えるサポーターです。前十字靭帯損傷後の精神的な恐怖からこわばった膝の動きを整えて再発を防ぎます。前十字靭帯断裂の再建手術後や前十字靭帯損傷の再発予防におすすめです。

予防用
健側膝のケガを予防するサポーターです。患側の膝をかばって、男性では健側の半月板、女性では健側の前十字靭帯を断裂することが多くあります。固定用再発防止用と合わせて健側に予防用のサポーターを使って左右のバランスをとることで、膝の再悪化や再負傷を防いで前十字靭帯損傷の回復を早めることができます。

保護用
膝を保温する良質のサポーターです。膝は体の中でも体温が一番低いため、軟骨や靭帯を傷めると回復に時間がかかる関節です。急性期の炎症が引いた後はしっかり保温するようにしましょう!温めることで膝の回復力を高めることができます。安静時に使う時はメーカー指定サイズよりも大きめを選びます。

急性期
前十字靭帯損傷のソフトブレイスの中では、一番しっかりとしたサポーターです。前十字靭帯の補強テープを貼った上にサポーターをつけると、フィット感が良くドンジョイよりも安心感があると言われる方が多いです。出血による膝の腫れ、前十字靭帯の断裂や付着部の剥離骨折、手術後の痛みに効果がある専用サポーターです。
※急性期には両手にクラッチ杖を使うのがおすすめです。かばった姿勢が身につくのを防いで回復が早まります。

リハビリ
前十字靭帯、後十字靭帯の専用サポーターの中では、一番動きやすいサポーターです。前十字靭帯損傷や前十字靭帯の剥離骨折後のリハビリにおすすめです。膝の急性炎症が引いたころからの膝崩れ、膝の不安定、膝裏の痛みを改善します。

悪化防止
簡易的な前十字靭帯損傷のサポーターです。前十字靭帯の保護性は低い分、動きやすくできています。前十字靭帯を伸ばした方から手術後の悪化防止におすすめです。前十字靭帯損傷の再負傷や再悪化を防ぎます。

スノボ
スノーボードにおすすめのサポーターの組み合わせです。左右で使うことで前十字に負担のかからない滑りが自然に身につきます。強度が不足する場合は補強テープを併用します。硬質物質を使っていないので公式の大会でも使用可能です。

サッカー
サッカーにおすすめのサポーターの組み合わせです。左右で使うことで前十字に負担のかかるニーインを防ぎます。強度が不足する場合は補強テープを併用します。硬質物質を使っていないので公式の大会でも使用可能です。

バスケット
バスケットボールにおすすめのサポーターの組み合わせです。左右で使うことで前十字に負担がかかるピボットターンが安定します。強度が不足する場合は補強テープを併用します。公式の大会では金属ヒンジを外して使用できます。

バレーボール
バレーボールにおすすめのサポーターの組み合わせです。左右で使うことでジャンプ~着地時のニーインを防いで前十字靭帯を守ります。強度が不足する場合は補強テープを併用します。硬質物質を使っていないので公式の大会でも使用可能です。

素材/ソフト
関節軟骨や靭帯の保護におすすめのサポーターです。 膝を保温することで代謝を上げて軟骨や前十字靭帯の自然治癒力を引き出します。安静を保てる時にメーカー指定サイズよりも2サイズ程度大きいサイズを使うのが効果的です。

素材/涼しい
簡易的な前十字靭帯損傷のサポーターです。前十字靭帯の保護性は低い分、涼しくできています。前十字靭帯を伸ばした方から手術後の悪化防止におすすめです。前十字靭帯損傷の再負傷や再悪化を防ぎます。

素材/動きやすい
硬質物質を使っていない動きやすいサポーターです。上下幅を長くとることで四頭筋を補強して膝を安定させます。格闘技や接触プレーが多いスポーツでの前十字靭帯損傷のおすすめです。固定力が弱い場合はサポーターの下に前十字靭帯用の補強テープを貼ります。

価格が安い
コストパフォーマンスの良い膝サポーターです。左右で使うことで前十字靭帯損傷や併発する内側半月板損傷の悪化を防ぐことができます。固定力が弱い場合はサポーターの下に前十字靭帯の補強テープを使います。

ACL膝サポーターの使い分け
膝に違和感があるうちは膝サポーターを使いましょう。膝サポーターを正しく使えば膝に負担のかからない動作が自然に身につきます。

前十字靭帯の手術をしたあと、男性の場合は手術をした前十字靭帯を再断裂することが多いです。女性の場合は手術をしない側の前十字靭帯を断裂することが多いです。成長期の子供さんの場合は、成長が止まるまで前十字靭帯損傷の手術ができないので、関節軟骨を痛めることが多くなります。

こんな時は、膝サポーターの使い分けがおすすめです。左右でサポーターの強度を変えたり保温力の高い膝サポーターをつかったりすることで治療効果が上がります。分からないことがあったらぜひお問い合わせください。

使い分けができる方におすすめの膝サポーター

※おすすめの商品に絞れます。(複数選択不可)
※組み合わせて使用することで効果的な治療ができます。

RELATION
関連サイト