整骨院が運営する膝サポーターのセレクトショップ

膝サポーターの通販

電話注文
承っております

026-248-1989
(平日の9時~15時)

膝関節リウマチ《悪化防止用》膝サポーター

ニークロス

元全日本バレーボール選手、丸山由美さん監修の膝サポーターです。膝蓋骨のぐらつきを抑えやすいセミオープンタイプなので、痛む膝の補強におすすめです。

web価格 ¥6,900(税別)

悪化防止用膝の安定感を保ち、症状を緩和

サイズ

数量

  • ※注文時にもう一度サイズをお確かめください。
  • ※ご注文が集中してお品切れになる場合もございます。その場合は、改めて商品の入荷予定日をご連絡させていただきます。

サイズの選び方

製品によりサイズの測り方が異なる場合がありますので、必ずお確かめください。
サイズは立位で、ひざ回り(膝蓋骨中心の周径)を測ってください。
※2つのサイズにまたがる場合は、大きいサイズがおすすめです。
※左右兼用です。
※詳しくは この製品のサイズの測り方 をクリックしてください。

サイズ 適用範囲
S 30~33cm
M 33~36cm
L 36~39cm
LL 39~42cm

お客様レビュー

静岡県 I.M.様
静岡県 I.M.様

足に力が入る感じ

2020年11月10日

サイズ:L

ぴしっとすきまなく付けられて、安定感もあり良い感じです。歩いたときに感じる膝への振動が少しやわらぎます。すぐに送っていただきありがとうございました。

膝下にあるベルトが膝蓋骨を上に引き上げるようにして固定してくれるので、膝の揺れをしっかり抑えてくれます。また、スポーツ用として作られているので生地に適度な伸縮性があります。

院長

もっと見る▼

膝サポーターを使い分けることで、膝痛の治療をしています。

膝に変形がある方や、症状の緩和をはかる場合は《悪化防止用》 を使います。
膝がО脚などに変形が進む前で、変形の進行を抑えたい方は 固定用 を使います。
ご自宅などで膝の安静を保てるときは、保護用 を使います。

膝関節リウマチでО脚やX脚などに変形が進んだ場合、アルミステーが入ったサポーターは痛みが出て使えないことがあります。そのような場合は《悪化防止用》の樹脂ステーが内蔵されているタイプか、ステーのないタイプのサポーターをお使いください。

柔道整復師・鍼灸師 吉池 加奈

鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

組み合わせると効果的な膝サポーター
※ 商品名クリックで商品ページに飛びます

症状・疾患についての詳細はこちら

おすすめの使い方

補強テープ

肌に補強テープを貼ってからサポーターを装着することで、より強度を上げることができます。補強テープは関節を固定するテーピングとは違い、筋肉の収縮を助けるので、自然な膝の動きを保つことができます。

補強テープはこちら>>>

補強テープと膝サポーターの使用例

膝サポーターでバランスを整える。

動画の患者様は、 梯子から落ちて膝関節の脱臼骨折をした患者様です。前十字靭帯と後十字靭帯を断裂しました。二回の手術後のようすです。補強テープと膝サポーターの併用で、歩行ができるようになります。その後、 急速に膝が回復して2週間後にお仕事に復帰しました。 使用した膝サポーターは、 エクスエイドニーPCL です。

  • 膝の前側
  • 膝の前側の痛み(膝蓋大腿関節症,ジャンプ膝,膝蓋靭帯炎)
  • 膝の横の痛み(ジャンプ膝,オスグッドシュラッター病)
  • 膝の後ろの痛み(後十字靭帯損傷)

上記のような、片側もしくは両側の痛みの場所に最適です。
痛み 軽い痛み張り

こんな方におすすめ

スポーツをされる方、歩行時に膝が側方や前方へぐらつく方におすすめです。ステーと膝下の補助ベルトで動揺をしっかり抑えます

大腿部の補助ベルトは取り外し可能なので、膝の状態に応じてお使いいただけます。

RELATION
関連サイト