整骨院が運営する膝サポーターのセレクトショップ

膝サポーターの通販

電話注文
承っております

026-248-1989
(平日の9時~15時)

内側半月板損傷《予防用》膝サポーター

エクスエイドニーショート

膝のねじれ・ズレを防ぐ、アクティブ樹脂ステーが内蔵された膝サポーターです。 急性期~回復期に、患側のサポーターとあわせて健側にご使用下さい。

web価格 ¥6,300(税別)

予防用再断裂、再負傷を起こさない動作を身につけます。

サイズ

数量

  • ※注文時にもう一度サイズをお確かめください。
  • ※ご注文が集中してお品切れになる場合もございます。その場合は、改めて商品の入荷予定日をご連絡させていただきます。

サイズの選び方

製品によりサイズの測り方が異なる場合がありますので、必ずお確かめください。
サイズは立位で、大腿周囲(膝蓋骨中心の上10cmの周径)を測ってください。
※2つのサイズにまたがる場合は、大きいサイズをお選びください。
※予告なくデザインが変更になる場合があります。
※詳しくは この製品のサイズの測り方 をクリックしてください。

サイズ 大腿周囲
S 34cm~38cm
M 38cm~42cm
L 42cm~46cm
LL 46cm~50cm

お客様レビュー

M・K

買って良かったと思える商品です。

2018年10月7日

サイズ:M

着脱はとても簡単です。上下にあいている穴のおかげで、調節も簡単にできます。装着しているとしっかり固定されているようで安心感があります。また、暑いこの時期に半日装着していても、ひどく蒸れることはありません。買って良かったと思える商品です。

ありがとうございます。ショート丈タイプの医療用膝サポーターです。作りが非常に良いのが特徴です。使うほどになじんで、使いやすくなります。

院長

もっと見る▼

お客様レビュー

F・T

リウマチ用

2018年1月25日

サイズ:L

夏でも冬でも使えて、普段歩く時用に買いました。おすすめの中の1品だったので、これを選びました。つけやすいです。歩くときに安心感はあります。でも膝がしらが出ているので、歩いているときにかくっと膝折れします。つけないよりはつけたほうが安心感があるので、外出するときは必ずつけてます。

ショート丈タイプのため、関節可動域の訓練をする医療用膝サポーターです。動きやすい反面、本格的なロングタイプの膝サポーターに比べると固定力は下がります。膝折れがするようでしたらロングタイプとの併用がおすすめです。

院長

M・I

膝サポーター

2018年1月16日

サイズ:LL

接骨院で1ヶ月間ほど借りて使っていたので良さは知っていましたがそこでは売ってもらえず、病院でしか買えないと聞いていました。ネットで見つけて直ぐに二つ購入しました。これでひと安心。アレルギーの私でもほとんどかゆくならないでしっかり膝を固定できます。

病院でしか扱っていないサポーターなので、薬局やスポーツ店では扱っていないようです。作りがとても良いので使うごとに膝になじむと思います。面で締めるようにすると、皮膚に負担がかかりません。

院長

J・K

大柄な人用のサイズがほしいです。

2017年6月23日

サイズ:LL

変形性膝関節症です。もう何年もいろいろ固定具的なサポーターを買いあさっていますが・・・、膝が大きいせいか、もう少し長さがほしかった。

申し訳ございませんでした。他の製品でしたら膝に合わせてお作りすることができます。また、近県でしたら来院していただければサイズ合わせもできますので、お困りの時はご相談ください。

院長

T・A

気に入ってます

2018年4月1日

サイズ:M

今のところとても快適に使わせていただいています。

ありがとうございます。膝の調子が良い時も使っていただければ、膝の正常な重心がそろうので痛みが徐々に良くなると思います。膝を悪くした原因をなおすには、両ひざに使うことがおすすめです。A様は経過が長いので、両膝にお使いください。

院長

CLOSE

膝サポーターを使い分けることで内側半月板損傷の治療をしています。

内側半月板損傷が治るまでは、軟骨を痛めないように《予防用》を痛めた膝の反対側に使います。
安静を保てるときは保護用に変更します。痛めた膝側は、急性期や不安が強いときは固定用、症状が改善してきたら再発防止用に取り替えます。

膝を痛めると、痛めた膝をかばうように無意識に反対側の膝の靭帯を痛めてしまうことがあります。そこで《予防用》を使うことで、左右の膝のバランスを整えて力が偏らないようにすることで、反対側の膝を痛めてしまうことを防止します。

柔道整復師・鍼灸師 吉池 加奈

鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

組み合わせると効果的な膝サポーター
※ 商品名クリックで商品ページに飛びます

症状・疾患についての詳細はこちら

GOOD
CHOICE
for

この症状におすすめ

  • 歩き始めの膝の痛み
  • 膝のだるさ不安定感
  • 痛みで屈伸できない膝
  • 下り坂で痛む膝
  • 正座から立ち上がる時の膝の痛み
  • 正座ができない膝の痛み
  • 階段を下る時の膝の痛み
  • 自動車を降りた時の膝の痛み
  • ヒアルロン酸をうつ膝の痛み

↓詳しくは「森上鍼灸整骨院」のサイトへ

購入前の膝サポーター無料相談>>>

当店を運営する森上鍼灸整骨院の柔道整復師が、あなたの症状にピッタリの膝サポーターをご提案します。

  • 膝の前側の痛み
  • 変形性膝関節症 膝の前側の痛み
  • 変形性膝関節症 膝の横側の痛み
  • 変形性膝関節症 膝の後ろ側の痛み

上記のような、片側もしくは両側の痛みの場所に最適です。
痛み 軽い痛み張り

補強テープと膝サポーターの使用例

膝サポーターでバランスを整える。

動画の患者様は、 梯子から落ちて膝関節の脱臼骨折をした患者様です。前十字靭帯と後十字靭帯を断裂しました。二回の手術後のようすです。補強テープと膝サポーターの併用で、歩行ができるようになります。その後、 急速に膝が回復して2週間後にお仕事に復帰しました。 使用した膝サポーターは、 エクスエイドニーPCL です。

補強テープ

膝サポーターの下に補強テープを貼ることで、内側半月板損傷を防ぐことができます。補強テープは伸縮性が有り、糊が弱いテープを使うのがコツです。

補強テープはこちら>>>

内側半月板損傷《予防用》膝サポーター
エクスエイドニーショートをもっと詳しく!

両サイドに配置されたアクティブ樹脂ステーが、半月板損傷で起こる膝の左右のブレ、ズレを防ぎます。膝蓋骨周辺にもパッドを配置し、膝蓋骨の安定性を向上させた膝サポーターです。

エクスエイドニーショートと同じ効能の膝サポーター

RELATION
関連サイト