整骨院が運営する膝サポーターのセレクトショップ

膝サポーターの通販

電話注文
承っております

026-248-1989
(平日の9時~15時)

医療用 |膝サポーター

ニーケアー・PT

膝蓋腱保護の専用サポーターです。膝蓋靭帯炎や、ジャンパー膝などの疾患におすすめです。セミオープンタイプなのでずれにくく、膝蓋骨のぐらつきをしっかり防ぎます。
※廃盤品、在庫が無くなり次第終了

web価格 ¥3,000(税別)

サイズ

数量

  • ※注文時にもう一度サイズをお確かめください。
  • ※ご注文が集中してお品切れになる場合もございます。その場合は、改めて商品の入荷予定日をご連絡させていただきます。

サイズの選び方

製品によりサイズの測り方が異なる場合がありますので、必ずお確かめください。
サイズは立位で、大腿周囲(膝蓋骨中心の上10cmの周径)を測り、膝周囲(膝蓋骨中心の周径)は目安としてください。
※2つのサイズにまたがる場合は小さいサイズをお選びください。
※予告なくデザインが変更になる場合があります。
※詳しくは この製品のサイズの測り方 をクリックしてください。

サイズ 大腿周辺 膝周囲
S 34cm~37cm 31cm~35cm
M 37cm~41cm 32cm~36cm
L 41cm~45cm 33cm~38cm
LL 45cm~49cm 35cm~40cm
3L 49cm~54cm 38cm~41cm

お客様レビュー

***

2019年5月6日

サイズ:M

***

***

院長

森上鍼灸整骨 院長 吉池

もっと見る▼

医療用膝サポーターは両膝に使います。

外傷性疾患 では、左右で強度の違う膝サポーターを使います。
慢性疾患 では、左右で同じ膝サポーターを使います。
安静を保てるとき は、自然治癒力を上げる膝サポーターを使います。
●睡眠前に オンセンス を使って半身浴をします。
●睡眠時には テイジェル を使います。

外傷性疾患・・・ 前十字靭帯損傷、後十字靭帯損傷、半月板損傷
慢性疾患・・・ 変形性膝関節症、膝の水、ベーカー嚢腫、ジャンパー膝

オンセンス を使って湯船の中で膝を曲げ伸ばししたり、正座をしたりすることで膝の回復を助けることができます。痛み止めを使って無理をするのはやめましょう。痛みは警告反応なので、かえって症状を悪化させてしまいます。

鍼灸師・柔道整復師 吉池 加奈

鍼灸師・柔道整復師 吉池加奈

使い分けると効果的なサポーター
※商品名クリックで商品ページに飛びます

自然治癒力を上げる膝サポーター
併用すると効果的なリハビリ材料とぬり薬

GOOD
CHOICE
for

この症状・疾患におすすめ

  • ★★★ 階段を下りたときの膝の痛み
  • ★★★ 歩き始めの膝の痛み
  • ★★★ 膝のひっかかり
  • ★★★ 膝崩れ
  • ★★★ 膝折れ
  • ★★★ 歩いたときの膝の痛み
  • ★★★ 膝の水
  • ★★☆ ねじったときの膝の痛み
  • ★★☆ 走ったときの膝の痛み
  • ★★☆ 階段を上るときの膝の痛み
  • ★★☆ 膝裏の痛み
  • ★★☆ 膝の手術後の痛み
  • ★☆☆ 夜間の膝の痛み
  • ★☆☆ 膝のむくみ

↓詳しくは「森上鍼灸整骨院」のサイトへ

購入前の膝サポーター無料相談>>>

当店を運営する森上鍼灸整骨院の柔道整復師が、あなたの症状にピッタリの膝サポーターをご提案します。

おすすめの使い方

補強テープ

膝サポーターの下に補強テープを貼ることで、より安定感を出すことができます。補強テープは伸縮性が有り、糊が弱いテープを使うのがコツです。

補強テープはこちら>>>

  • 膝の前側
  • 膝の前側の痛み(膝蓋靭帯の痛み,膝蓋骨の痛み,関節の痛み)
  • 膝の横側の痛み(膝蓋靭帯の痛み,膝蓋骨の痛み,関節の痛み)
  • 膝の後側の痛み(膝蓋靭帯の痛み,膝蓋骨の痛み,関節の痛み)

上記のような、片側もしくは両側の痛みの場所に最適です。
痛み 軽い痛み張り

こんな方におすすめ

大腿四頭筋を補強する取り外し可能なベルトで、膝の曲げ伸ばしの動きを整えます。ベルトは膝蓋腱への圧迫が不足していると感じた時にもお使いいただけます。

強度があるしっかりした材質です。膝蓋骨の不安定が原因で起こる、膝の膝前部痛(AKP)用にも効果的です。

ニーケアー・PTと同じ効能の膝サポーター

RELATION
関連サイト